服用する前に要チェック!フィンペシアの副作用や注意点は?

白衣を着た男性医師

薄毛、抜け毛の改善や予防にとても効果のあるフィンペシアですが、副作用のリスクも潜んでいます。
また、服用期間中に注意すべきこともあり、取り扱いなどにも気を払わなくてはいけません。
服用する前に、これらの事をチェックしていきましょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用として報告されている症状は、頭痛、腹痛、ED、肝機能障害などです。
副作用の発症率は全体の1~5%と言われ、重い症状はほとんどないと言われています。
ですが長期的な服用となるため、副作用が発症した場合症状は軽くても体調不良がずっと続いてしまうというのも考えものです。気になる場合は1度に摂取する薬の量を調整したり、場合によっては薬の変更も検討した方がよいでしょう。

フィンペシアとED

フィンペシアを服用する事でED症状を発症する場合があるようです。
フィナステリドの作用により男性ホルモンに何らかの影響を与えるのではないかとされていますが、実は今のとこと医学的な根拠は明らかにされていません。
とはいえフィナステリド5mgの前立腺治療薬は、フィナステリド1mgのフィンペシアを服用した場合よりもED発症率が高かったという報告があります。

このことから、EDを発症するのはフィナステリドの量が関係しているという事も否定はできません。

ですがこのような実験結果があります。
フィナステリドを含まないプラセボ(偽薬)での臨床実験でも、同程度のED発症が確認されました。
ようするに、「薬を飲む事でEDを発症してしまうのではないか」とう不安感から心因性EDを引き起こしている可能性があるという事です。
そもそもフィンペシアによるED発症の可能性は低いのですが、少なくとも思い込みによるEDは回避したい所ですよね。この事実を知り、不安を軽減させることで心因性EDのリスクを下げることはできるでしょう。

肝機能障害を引き起こす可能性

フィンペシアの副作用で気をつけてもらいたいのが肝機能障害です。
日本病院薬剤師会でも、フィナステリドを摂取した事によって起こる肝機能障害を唯一重篤な副作用として位置づけしています。
ですがフィンペシアが起こす肝機能障害の仕組みは未だ医学的に明らかにされていません。

フィナステリドに関わらず、飲み薬はどんなものでも肝臓によって分解され、負担をかけます。
フィンペシアの長期服用により肝臓に負担をかけ、肝機能障害を起こす可能性もあるでしょう。
もともと肝機能が落ちている人はフィンペシアを避けた方がベターですし、長期的に服用している方も定期的に肝機能をチェックしてもらい、様子を見ながら治療をしていく必要があります。

要注意!女性や未成年者には近づけさせない

女性が手でSTOPをかける
フィンペシアで気をつけてもらいたい事は副作用だけではありません。

薬の管理・保管には十分注意する事が求められます。

フィンペシアは女性や成長期である未成年者の服用、接触は禁止です。

妊婦・授乳中の女性はとくに要注意です。フィナステリドの作用により、胎児や乳児の生殖器官に重篤な障害を引き起こしてしまう可能性があります。
錠剤は触れるだけでも皮膚から成分が吸収されます。わずかな吸収でも悪影響を及ぼす可能性があるため、フィンペシアを所持している場合は女性や子供に触れさせない、近づけさせないという事を徹底する必要があるでしょう。

フィンペシアの副作用を知り、管理には十分気をつけた上でAGAの治療を進めていくようにしてください。