フィンペシア・ミノキシジルのW効果で発毛促進!

ジャンプする影絵
フィンペシアは薄毛や抜け毛に効果的なAGA治療薬。
ただ、薄毛が進行し毛量を増やしたい人にとっては物足りないかもしれません。
フィンペシアは抜け毛を抑え、ヘアサイクルを正すことで髪の毛を成長させてくれますが、今以上に髪の毛を増やす「増毛効果」は無いからです。

増毛を目指すのであればミノキシジルと併用して服用する事をオススメします。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルはもともと血管拡張薬として開発された成分で、血管が硬くなり狭くなる高血圧の経口薬として用いられていました。
のちに髪を育成する効果が発見され、現在ではAGA治療薬としても使用されています。

服用する事で頭皮の血行が促進。血流が良くなることで脱毛・発毛の指令を出す「毛乳頭」や毛を作りだす「毛母細胞」に充分な栄養を送ることができるため、健康的な髪の毛を生えさせる事が可能となります。

頭皮の血行不良により弱体化した毛乳頭や毛母細胞を活性化させ、さらなる増毛を目指せるでしょう。

フィンペシア・ミノキシジルのW効果を狙おう!

AGA治療でフィンペシアとミノキシジルの二つを服用し、AGA治療を行っている男性は多いです。
AGAの原因である5αリダクターゼをフィンペシアで抑え、ミノキシジルで発毛を促進します。

これによって、抜け毛を抑えつつ増毛していく事が可能です。

二つを併用し、満足のいく毛量になった後はフィンペシアで抜け毛を防止して維持していく流れとなります。

 AGA治療薬、やめたらどうなる!?
率直に言うと、再びAGAを発症してしまいます。AGA治療薬というのは原因となる物を抑えているだけで、薄毛体質を完治させる物ではありません。
AGAは改善しても、その効果を維持するには引き続き治療薬を服用する必要があります。

ミノキシジルは通販で購入できる

ミノキシジルも個人輸入で通販する事が可能です。
通販で人気なミノキシジルをご紹介します。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの画像

ミノキシジルタブレットはAGA治療薬ロニテンのジェネリックです。1日2回1錠(5mg)を水、又はぬるま湯で服用します。ミノキシジルにはコチラの内服薬の他に、直接頭皮に塗る外用薬がありますが、直接成分を体内に取り込むため効果は内服薬の方が高いと言われています。

ツゲイン

ツゲインの画像
ツゲインはAGA治療の外用薬で、ミノキシジルを主成分としています。日本でも有名なツゲイン(リアップ)のジェネリック薬品です。
使用は朝と晩に2回1mlを頭皮につけ、マッサージするように塗りこんでいきます。
AGA治療薬は基本的に女性が使用できない物が多いですが、こちらは薄毛に悩む女性でも使用できる治療薬となっています。

口コミ

フィンペシアとミノキシジルの二つを使用している方の口コミを見てみましょう。

期待してます!

薄毛がわりとすすんでいたので、フィンペシアとミノキシジルを両方服用中。
恐れていた副作用は無く安心!現在3か月が過ぎましたが、おでこの生え際から産毛のような細い毛がびっしり生えてきて自分でも驚いています。
今後に期待せずにはいられません!

2年飲んでます

ミノキシジルとフィンペシアの二つの効果で増毛に成功しました。2年ほど継続して飲んでいました。髪をかきわけることもできるくらいになれたので、今は現状維持のためにフィンペシア飲みを続けています。

オススメです!

ミノタブとフィンペシアで抜け毛がおさまり、ボリュームアップ出来ました。初めはフィンペシアだけ使っていましたが、抜け毛は改善されたけどボリュームがなかなか増えなくて・・。ミノキシジルと飲むと髪の毛の成長がグンと上がるのを実感。抜け毛を減らして増毛したい人はこの二つを飲んでみてください!

いかがでしたか?フィンペシアだけでは薄毛が改善されない方、増毛効果をさらにパワーアップさせたい方にこの二つの併用はおすすめ。
フィンペシアの抜け毛を抑える力、ミノキシジルの発毛を促す力でフサフサの髪の毛を取り戻しましょう。